it’sの本当の意味は…

it’s は 2013年12月3日 福島に生まれた。
忘れもしない、2011年3月11日の震災を乗り越えようと、福島はもがいていました。
復興資金目当ての会社もいっぱいできました。

私は、福島のこの街に、福島大学共生システム理工学類との連携して、地元の会社を作ろうと考えたのでした。
会社の名前を考えた時、ふと、その時に思い付いたのが、実は、
学生時代に、ギター片手によく友達たちと歌った、ボブ・ディランの「Don’t Think Twice, It’s All Right」だったのです。

勝手に僕は、
「くよくよするなよ。なんとかなるよ。」
と訳してしました。

そうなんです。「なんとかなるよ。」
『 it’s all right 』の『 it’s 』こそ、この会社の名前なのです。
僕からの福島への応援の意味だったのです。

ボブ・ディランは、ノーベル文学賞をもらうことになって、有名になりました。
「風に吹かれて」が有名ですが、「Don’t Think Twice, It’s All Right」も聴いてみてください。

この曲の歌詞の最初だけ、載せます。

「Don’t Think Twice, It’s All Right」
WRITTEN BY: BOB DYLAN

It ain’t no use to sit and wonder why, babe

It don’t matter, anyhow

An’ it ain’t no use to sit and wonder why, babe

If you don’t know by now

When your rooster crows at the break of dawn

Look out your window and I’ll be gone

You’re the reason I’m trav’lin’ on

Don’t think twice, it’s all right

実は、思ったよりも深かった。(笑)