僕は、まだ、老人ではない。

年齢は、既に62歳な訳で、もう、当然のことだが、引退宣告されても不思議ではない。

先日、J2横浜FCの三浦和良、いわゆるカズが、50歳でピッチに立った。
年齢ってなんなんだろう。
彼は老人ではない。
それは、体が若いとか、そういう事ではなくて、現役だからだと思う。

ちょっと、思ってしまう。どっかで、線を引くのはしかたがないんだけど、それが年齢だったら、それはまずいと思う。
最近、もう、そろそろ年だからって結構言われる。
それに慣れてくると、
「そうだね。そろそろ年だね。」
みたいな話をする。

僕の同級生の友人にアッシュという彫刻家がいて、彼をみていると、たぶん、死ぬまで現役なんだろうって思う。
芸術家と言われる人は、案外、年を重ねた方が、愁いが作品に出て、趣があったりする。
僕は芸術家ではないけど、
「あいつの設計、妙に枯れているな」
って言われたい。

SEもある意味、デザイナー。
設計とは、デザインをする人だからね。

そう考えると、僕は、まだ、老人ではなくて、枯れた設計をする現役のデザイナーだ。