一つの区切りの西の空


ある意味、一つの区切りとなる西の空だ。

この空を僕はどれくらい見てきたのだろう。
何回、夕焼けを見てきたのだろう。
今日の空は、まるで、僕を送ってくれるように、太陽は出てこない。
これでいいと思うし、これしかなかったという思いもある。

そんな僕のこころを映すような、中途半端な夕焼けだ。