おーい、雲


おーい、雲。

いい天気だよ。
高い空に、巻雲だっけ?すじ雲だっけ?そんなのなかった?
天高く、馬肥える秋みたいな雲。

秋の気配がしてる。

ちょっと、ネットで調べてみると、すじ雲が通称で、正式名が巻雲(けんうん)と言うらしい。
秋を代表する美しい雲のひとつだそうな。
ただ、この雲を見たら次の日くらいに天気が崩れるとか。
低気圧や台風接近を教える雲だそうだ。

雲の名前は地学で習うんだよな。
地学は高校1年の時だっけ?高校2年の時だっけ?
確か、何とかちよし先生とか言ったような気がする。もう、だいぶ前の話で、名前が出てこない。
その時、天高く・・・の話を聞いたような気がする。

高校時代は、グランドに出て、サッカーボールを追って走り回っていた。
空の雲を見ても、秋を感じることもなく、泥まみれの汗の匂いしかなかった。
月日が経って、ふと、空をみて、いろんな事を感じる。

まさか、土曜日に弁当食べながら、コンピュータに向かって、仕事をしているとは、その当時は考えなかった。(笑)


せっかくだから、しっかり勉強しようと、インターネットのe-ラーニングでAWSの勉強を始めたけど、なかなか、進まず。
友人から、「いい年なんだから、これから、学ぼうなんて無理だ」って言う奴もいるけど、たぶん、僕のパワーのほとんどが、まだまだいけるっていうモチベーションと、次への意欲なんだと思う。
もし、僕がここで、いろんなことにあきらめたら、きっと、あっという間に死んじゃうに違いない。

進まない仕事にイライラしていても、夕方になってきて、巻雲もピンク色に染まってきた。


巻雲のこの光景は、あまり見たことがない。
なんとなく、色っぽく感じるのは、僕だけだろうか?
それよりも、夕方に空を見上げているヤツはどれだけいるかもわからない。ふと、地平線を見ると、既に夕焼けが始まっている。
巻雲は、その山々の夕焼けの色をちょっと、わけてもらっただけだったみたいだね。


あの山の向こうは、新潟県。
新潟は、もう夕焼けになっているだろうか?
そんな事を考えているのは、ピンクの巻雲を見ている人よりも少ないに決まっている。(笑)